Ozmaについて


Ozmaのダンスへの愛は、彼女のパフォーマンスと教えに表れています。彼女はターキッシュベリーダンス、ダイナミックなジル(フィンガーシンバル)、ターキッシュロマ(ジプシー)ダンスに特別な情熱を持つ、力強いダンサーです。

アメリカ人であるOzmaは2002年に東京でベリーダンスを始めました。その後すぐにダンスに夢中になり、世界的に名高いダンサー兼インストラクターであるMishaalに師事しました。Ozmaは現在に至っても東京を訪れるマスターティーチャーArtemis Mourat, Aziza, そしてKarim Nagiに学び、スキルを磨いています。同時に、アメリカ、ヨーロッパ、そしてトルコを訪れ、Reyhan Tuznus, Sema Yildizらから集中して教えを受けています。

Ozmaは2004年からプロフェッショナルとしての活動を開始しました。その鮮やかなテクニック、音楽性、エネルギーによって、彼女は日本だけでなく海外でも求められるダンサーとなりました。

メンターと仲間からの支援を受け、2011年からベリーダンスを教えることにも挑みました。現在はEva Belly Dance Studio (EBDS)で主要講師として活躍するほか、千葉県・東京都内でもクラスを受け持っています。彼女のあたたかい人間性、深い知識と教養は、ベリーダンスに興味を持ち始めたビギナーにも、経験を積んだ生徒にとってもOzmaが素晴らしい講師であることを証明します。特に、ターキッシュオリエンタル、ターキッシュロマ(ジプシー)ダンス、ジル(フィンガーシンバル)に興味がある人にとっては、彼女の知識と経験が重要なリソースになることでしょう。毎週のレッスンのほかに、国内とドイツにてOzmaの特性にフォーカスしたワークショップも行っています。